電源をテストする

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事では、電源装置に電力が供給されているかどうか、および電源オン信号を受け入れているかどうかをテストするプロセスについて説明します。

これらの手順は、PC ビルド キットおよび自作 PC のみを対象としていることに注意してください。まだ保証期間中の NZXT BLD PC を購入した場合は、このガイドを続行する前に、 カスタマー サービス チームにお問い合わせください。

ジャンパー テストまたは ペーパークリップ テスト とも呼ばれるこのテストには、電源装置の 24 ピン ATX 電源ケーブルの電源オン ピンとグラウンド ピンをジャンプすることが含まれます。これを行うには、次のものが必要です。

  • 金属製のペーパークリップまたは硬い金属線
  • ハサミ、ワイヤーカッター、サイドカッター(ニッパー)

パソコンの準備

システムを準備するには、電源スイッチをOの位置に設定し、電源ケーブルを取り外します。ここから、PC から両方のサイド パネルを取り外す必要があります。

  • NZXT H1 を除く多くの NZXT H シリーズ ケースでは、以下に示すように、ガラスを保持している 1 本の保持ネジと、金属製のサイド パネルの保持ネジをすべて取り外す必要があります。
  • H710 の場合、ケースの左上にリリース ボタンがあり、金属製のサイド パネルを解放します。
  • H7 シリーズのケースの場合、両側のサイド パネルはフリクション フィットになっており、PC の背面にあるハンドル カットアウトを使用して取り外すことができます。

Panel_Removal.png

これらのパネルを取り外したら、最初にマザーボードとグラフィックカードから電源を切断する必要があります。下の写真は、マザーボードの電源コネクターがある場所を示しています。各コネクターにはワニ口クリップがあります。コネクターを引き抜くには、まずそのクリップを押し下げる必要があります。

N7_Z490_Ex.png

グラフィックカードにも、下の写真に示すような類似のコネクターがあります。ただし、取り外しが必要な別のケーブルがある場合もあります。先ほどと同様にワニ口クリップがあり、ケーブルを取り外すにはこのクリップを押し下げる必要があります。

GPUZZZZZZZZ.png

ジャンパーを作る

電源をシステムから切断すると、このテストに必要なジャンパを作成できるようになります。一部の電源にはジャンパーが箱から付属している場合がありますが、ジャンパーを紛失したり入手できない場合は、前述のようにペーパークリップまたは一定の長さの硬いワイヤーを使用して簡単にジャンパーを作成できます。

ペーパークリップを使用してジャンパーを作成するには、鋭利なハサミ、ワイヤー カッター、またはサイド カッター (ニッパー) を使用して、ペーパークリップの内側の部分を切り取ります。これにより、以下に示すような U 字型のジャンパーが得られます。

ペーパークリップにゴムコーティングがある場合は、先に進む前にゴムコーティングを剥がしてください。

 

Paperclip_cut.pngoutcome.png

ジャンパーを手に持った状態で、以下に示すように、保持クリップが上を向くようにコネクタの向きを変え、ジャンパーを 4 番目と 5 番目のピンに挿入します。

adcasdh.png

ジャンパを挿入した状態で、電源ケーブルを電源に差し込み、電源にゼロ RPM モードがある場合は、それが無効になっていることを確認します。この機能には多くの名前があり、電源スイッチの隣にあるスイッチによって制御されます。

  • 静音モード
  • エコモード
  • ゼロ RPM モード

ゼロ RPM モードを無効にする方法については、電源装置のユーザー マニュアルを参照してください。

電源を接続し、ゼロ RPM モードを無効にした状態で、電源装置のスイッチをIの位置に切り替えます。ここから電源装置のファンが回転する音が聞こえる場合がありますが、システム上でファンが回転していることを目で確認することをお勧めします。電源装置がケースに取り付けられている場合は、電源装置ユニットとそのファンをはっきりと見るために、エア フィルタを取り外す必要がある場合があります。

電源装置のファンが回転している場合、これは電源装置が電力を供給されていて電源オン信号を受信していることを示す強力な指標であり、電源装置自体が障害点であることを除外するのに役立ちます。

電源装置のファンが回転していない場合は、電源装置が電力を受け取っていないか、電源オン信号を受け入れることができないことを示しています。

テストが完了したら、電源を切り、電源ケーブルを外してから、カスタマー サポート エージェントに結果を連絡してさらに支援を受けてください。

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?
20人中16人がこの記事が役に立ったと言っています
共有

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。